ウォーターフロントセブシティ|チャンスが来れば大勝!海外カジノの歩き方

 

現在セブ島在住ですがカジノは今までに3回しか行ったことがありませんでした。
初めて体験のつもりでプレイした時はビギナーズラックなのか、少額ですが勝ちました。味をしめて少しでも稼ごうと2回目、3回目挑戦しましたが連敗してしまいました。

セブ島では一食200円程度で食事ができます。ブラックジャックやバカラのミニマムベットが600円や1000円とかなので一日の食費が一瞬で消えてしまう怖さがあります。私の場合はすぐに2連敗したおかげでキッパリ諦めることができました。

ところが3年ほどカジノはしていなかったのですが、ちょうど今日(2019年9月1日)友達とカジノに行く機会がありました。結果から言うとものすごく楽しくてお金もプラスになりました。今後ハマってしまいそうです。

まずマシーンのゲームを見て回りました。セブ島のウォーターフロントのカジノはものすごく広く、特にスロットのマシーンが数百台ぐらいあります。日本では違法ですが、海外ですのでこういったのは当たり前のように置いてあります。
マシーンに直接現金を入れてベットするタイプです。少し試してみましたが、全く当たらず1000円がすぐに無くなってしまいました。

他にも色々なマシーンがあり、古いゲームセンターのようで楽しいのですが中でも面白かったのがバカラです。ディーラーとの対戦と違って機会でサクサク進むので待ち時間のストレスなどありません。
また、ほぼ50%の確率で勝つので大金を賭けない限りは大勝することも大負けすることもありません。何度かプラスマイナスを繰り返し、結局ほんの少しのプラスで終わりました。ゲームを楽しめてお金がむしろ増えたので一攫千金狙いでなければオススメです。

1番楽しかったのはブラックジャックです。今回は友達が3万円分をチップに変え、私は変えていません。序盤に何度か勝ち、チップを少し分けてもらいました。そこから私も賭け始めたのですが面白いように勝っていきます。ブラックジャックも勝率はほぼ50%なので勝ったり負けたりを繰り返すのですが、負けても痛くない程度に賭けていき、チャンスが来れば大勝します。
また、自分のお金ではなかったので負けても別にいいという気持ちもありました。

今さらながら思ったのですが、少額だけをチップに変えて数回対戦する程度ではすぐにスッカラカンですね。3年前はそんなやり方でした。今回は3時間滞在し何度も勝ったり負けたりを繰り返したのが良かったと思います。
やっていくうちに自分なりのルールができてきたり、奇跡のようなことが起こったりとカジノの醍醐味を初めて体験しました。

どんどん勝っていくので頭金以外の儲けた分は私にくれるということになり、最終的には1万円儲けました。金額からすると少ないですが、これはセブ島の平均月収の半額に当たるのでかなりの額です。これだけあれば十分、もうここでやめようと思えたことも良かったと思います。欲を出すとまた負けてしまうことになりますので。
今日の出来事で本当にカジノにハマりそうですが、負けた経験も思い出して散財することのないように気をつけます。