韓国 パラダイスシティ カジノはこんな所!ホテル併設カジノ体験談

 

韓国のパラダイスシティで生まれて初めてのカジノ体験しました。
訳あって、今年の春に韓国のパラダイスシティホテルに母と妹で泊まることになり、その時、時間があるのでホテルに併設されているカジノに行って見ようということになりました。

ホテル内にあるカジノで、入口はかなりゴージャス。また元々私は、カジノに良いイメージもなく、おまけに受付にいたのはイカツイお兄さんたちでした。
故に、入るのにかなり気合がいりましたが、勇気を出してお話すると日本語も堪能で、めっちゃ優しかったです。
言われるがままに、パスポートを見せて、いよいよカジノに入場です。

カジノってギラギラしているイメージだったのですが、ここは広くてキレイなゲームセンター的な雰囲気でした。
無料の飲み物もあり、1日中心楽しめる感じです。
ただ、私たちが行った時間が、夜の12時すぎの遅い時間だったからなのか、従業員の方もお客さまもあまりいなかったです。
また、日本の方はあまりいなかったです。

お金をコインに替えるとき、はじめてということを告げると、ライン登録すれば、キャンペーンで7万ウォン(日本円で7千円くらい)をもらえるとのことを教えてもらいました。もちろんライン登録して遊びました。
ちなみに記念品としてパラダイスシティオリジナルポールペンも頂きました。
ちなみに、この受付の方々もめっちゃ日本語が上手でした。

早速、どれで遊ぼうかと、ゲームしている方々の様子を見ながら、フロアを周っていたのですが、カードゲームはルールが複雑で難しそう。逆にルーレットは、赤か黒を選ぶだけなので初心者でも大丈夫かな?と思い、ルーレットをやろうとしたのですが、かなり人気らしくなかなかゲームに参加出来ず。同じ考えの方がたくさんいたのかもしれません。

時間も遅く、待つのも嫌だったので他のゲームでというこで、じゃあカードゲームをやろう!と思ったものの、遅い時間だったからか、どこの台も稼働してるのは半分くらいでした。

でも、ルーレットよりは、待っている人も少なかったので、ルールを確認しつつカードゲームで待つことに。
その時、1人でいた日本人の方がいらしたので、思い切って話しかけ、ルールなど教えてもらいました。すごく優しい方で丁寧に教えてくれました。
並んだ台は、カジノでは定番?らしいブラックジャックの台でした。
教えてもらったのですが、その後もこっそりスマホで勉強してました。どうせやるなら勝ちたいと思ったので。

20分くらい待って、順番が回ってきました。いよいよゲームができます。
緊張しましたが、ディーラーの方が指示して回してくれるのですごく楽でした。
私の台にいたディーラーの方は、少し日本語が出来る方だったのですが、いろいろ話しかけてくれてとても楽しかったです。
ただ、ゲーム自体は、7万ウォンが、10分くらいでなくなってしまいました。ビギナーズラック、ありませんでした。
この日は夜も遅くてここでやめてしまったのですが、次回また来る機会があれば、別のゲームもやってみたいなと思いました。ふつうにゲームを楽しむ場としてはすごく良かったです。